スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドリーム・アーツのNotes移行ソリューション

全国の働くみなさま、お仕事お疲れさまです。インターネットやPCがビジネスの世界にも進出してきて、はや10年以上経とうとしておりますが、御社の戦略的な経営には活かされておりますでしょうか?
そこで今回ご紹介致しますのは、ソフトウェア製品やシステム開発、コンサルティングを通じて、あらゆるタイプの現場における生産性と付加価値創出を飛躍的に向上させるITソリューションを提供していらっしゃる『株式会社ドリーム・アーツ 』さんです。

それでは早速、豊富な移行実績とノウハウでNotes移行に悩むNotesユーザーを支援する株式会社ドリーム・アーツさんのNotes移行ソリューションのご紹介を、自分自身の言葉でもって記述しましょう。

単に、グループウェアと申しましても各社各業種で様々な製品が導入されているので、画一的にこれが良いですよとお薦め申し上げるわけには中々いかないものですよね。
そんな状況下においてIBMが発売しているグループウェアソフトのノーツは、Lotus Notes/Domino、Lotus Notes(クライアント)・Lotus Domino(サーバ)・Domino Web Accsess(Webクライアント)の三つからなるコラボレーション・プラットフォームが用意されているので、ほぼインフラとしての会社業務のほとんどをカバーできると言っても過言ではございません。しかしながら、世情的には、Webブラウザをクライアントソフトとして利用できるサイボウズ Officeや普及率の高いOutLookをクライアントとして利用できるマイクロソフトExchange Serverが強力な競合製品として存在し、なおかつ、サポート期限切れを契機に、6や7へのバージョンアップを行うよりも他のシステムへの乗換え検討する企業も続々と出てきている現象も見られます。これはやはり、高額な運用維持コストが企業活動の負担になるせいではないでしょうか。
そんな逆境を乗り越えるソリューションを提供して下さるのが株式会社ドリーム・アーツさんなのです!Notes移行おいて、数千から数万の大規模ユーザのNotes移行を成功に導いた数々の実績を誇っておられます。移行に伴う作業負荷やコストを無理なくコントロールして費用対効果の高いNotes移行を実現化してくれるのです。

これをご覧のみなさまもNotes移行を成功に導いた実績が多数あって、しかも各企業様の目指す情報共有やコミュニケーション基盤のスタイルに沿った最適なNotes移行の実現を叶えたいなら、ぜひ『ドリーム・アーツ』さんにお任せ下さいね☆彡



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おやすみ骨盤サポートパンツ&枕

リンク
ブログ広告さん
ブログミさん
アフィリエイト 初心者
レビューブログさん
^ 3 ^ ..♡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。